GMTマスターの説明と買取事情について。

ロレックスというブランドのGMTマスターはかなり売れたレアな時計です。 ロレックスのスポーツモデルはほとんどの買取店で高値買取が可能でが、 買取店の在庫状況によっては積極的に高値で買取している買取店もあり、店舗ごとに買取価格も変わります。 そのためたくさんの買取店で査定し、一番高く買取している買取店で売るのがおすすめです。 一括査定サービスなどを利用すると手間がかからず便利です。
ほとんどの買取店で高値買取が可能なロレックスのスポーツモデルですが、 少しでも高い金額での売却を希望する場合は、一件でも多くの買取店で査定をしてもらいましょう。 忙しい方などは、一括査定サービスなどを利用すると手間がかからず便利です。

ロレックスのGMTマスター1はダイヤルとインデックスが非常に綺麗です。
ロレックスの中で最も多機能な時計のひとつといわれているGMTマスターは、 回転ベゼルを使用することで他国の時間を確認することが出来るためパイロットやビジネスマン用のモデルといわれています。 仕事上時差の問題を抱えることの多い国際線旅客機のパイロットやビジネスマン用のモデルといわれていますが、 実は航空用時計として開発されただけあり、非公式ながらNASAのアポロ計画の際、一部米空軍出身の飛行士の私物として宇宙に行ったり、 人類初の音速突破を果たした伝説のパイロット、チャック・イェーガー米空軍退役少将が現役当時からずっと愛用しているなど、魅力的な逸話は多いです。 赤青ベゼルのロレックス・GMTマスターは、多くの著名人に愛されています。 2000年にGMTマスターは生産終了となったため、現在はGMTマスターⅡのみが生産されています。 1957年に発表されたこのGMTマスターは、デザインのバリエーションも豊富で、ベゼルの色が赤青、赤黒、黒等の数種類用意されています。 ロレックス・GMTマスターは、時針、分針、秒針、24時間針の四針式、昼夜を区別する特徴的な2色又は単色の両方向回転ベゼルを有するモデルで、 当時世界最大の航空会社であったパンアメリカン航空の協力を得て共同開発されました。3時の位置に日付があり、サイクロプスレンズがついています。 すべての製品がクロノメーター認定を受けていて、初期モデルのみ5気圧、以降現行モデルまで10気圧防水となってます。 メイン時間帯を短針と文字盤、第2時間帯を24 時間針と指定した時間帯に合わせてセットした回転ベゼルで同時に表示することができます。 回転ベゼルにより他の時間帯の時間を容易に確認することができるため、
またロレックスの時計買取に関しての腕時計記事も参考になります。
ロレックス・GMTマスターは、ロレックス唯一の航空パイロットモデルで、。 GMT針と回転式ベゼルによって2つの時間帯を表示出来るGMTウォッチです。
またGMTマスターはロレックスのなかでは買取店でも人気があるようです。GMTマスターを買い取りしてもらう場合信頼できる買取店を選びましょう。

ロレックスというブランドについて。

ロレックスの近年の機械式時計の重要な機能を初めて実用化し大量生産したブランドとして知られています。

ロレックスの腕時計ならGMTマスターのほかのも取り扱っています。
デイトジャスト ロレックスの定番ドレスアップモデル。
エアキング 数あるロレックスのラインナップの中で、最も古いペットネームを持つモデル。
デイデイト 日付と曜日が表示されるモデルで、ゴールドやプラチナ等の無垢素材を使ったラグジュアリーウォッチ。
デイトナ ロレックスの中で最も人気のあるスポーツクロノグラフ。
エクスプローラーⅡ 探検家のために開発された24時間計搭載モデル。
GMTマスター 第2時間帯が分かる実用性重視の航空モデル。
GMTマスター2 3箇所の時刻表示を可能にしたGMTマスターの進化モデル。
エクスプローラーⅠ 探検家向けに作られた堅牢性の高いモデル。
シードゥエラー 1220m防水の深海探索用ダイバーズウォッチ。
サブマリーナ ロレックスの本格ダイバーズウォッチ
サンダーバード 回転式ベゼルが特徴のデイトジャスト。
ターノグラフ デイトジャストのひとつで、回転ベゼルが特徴です。
ヨットマスター サブマリーナの豪華版という位置づけのセレブリティなモデル。
ヨットマスターロレジウム ベゼルと文字盤にプラチナを使ったラグジュアリーモデル。

ブランド一覧


コンテンツ