ランゲ1の説明と買取事情について。

ランゲ&ゾーネのランゲ1は買い取り価格の高いスポーツウォッチです。 ランゲ&ゾーネは高額で日本ではあまり数が出回っていないため、一般の買取店で買取自体が困難な事もあります。 しかし、買取店が欲しがるブランドではあるため、 店舗選びを慎重にすれば高額買取が可能です。 できるだけ多くの買取店で査定してもらうのがいでしょう。


ランゲ1はランゲ&ゾーネの中でもコーティングされたサファイヤガラスがしっかりと作られています。
特許技術のアウトサイズデイトとダイヤルの独特なデザインがひときわ目を引くランゲ1は、ランゲの技法とスタイルのシンボルともなっています。 通常の日付表示とは異なり、2枚の日付ディスクを使用することで、視認性を格段にアップさせている。また、主ダイヤルをあえて9時方向にオフセットして、 フェイスが非対称に仕上げられた、計算された文字盤デザインも特徴です。。古典的なドイツ時計の奥義を感じさせてくれる、伝統的な意匠である。文字盤の3時方向には、 72時間までの巻き上げ残量が確認できるパワーリザーブ表示も装備。シースルーバックからは、伝統的な“3/4プレート”や“スワンネック緩急針” を装備した、 自社製の手巻きムーブメント「Cal.L901.0」を堪能することが可能です。 時代を超えた永遠の名作としてその後の高級腕時計に大きな影響を与えました。2百年の伝統を誇るザクセンの時計製造技術が生んだムーブメントが時を刻みます。 1845年創業の老舗ブランド、ランゲ&ゾーネ。東西ドイツ分裂期には休眠状態を余儀なくされていましたが、 1990年、創業者のひ孫にあたる“ウォルター・ランゲ”の手によって見事に再興され、その復活第一号モデルとして発表されたのが「ランゲ1」です。 現代の機械式腕時計でこれほど多くの賞に輝いた時計はほかにないでしょう。
ランゲ&ゾーネの買取はですね。
現在のランゲ&ゾーネを支える同社の屋台骨モデル、ランゲ1。 1990年創業者のひ孫にあたる“ウォルター・ランゲ”の手によって復活された第1号の歴史的ウォッチ。
またランゲ1はランゲ&ゾーネの中では買取店でも積極的な店とそうでない店があるようです。ランゲ1を売ろうと思っているならいろいろなお店で買取ができるか問い合わせてみてください。

ランゲ&ゾーネというブランドについて。

ドイツ時計の最高峰ブランド、ランゲ&ゾーネ。 ユニークなデザインと技術力や、ディテールにまでこだわり尽くした ハイクラスの時計しか作らないという拘り抜いた時計メーカーです。

ランゲ&ゾーネの腕時計ならランゲ1のほかのも取り扱っています。
タトグラフ ランゲ&ゾーネの政党はクロノグラフ
ランゲ1 ランゲの技法とスタイルのシンボルとなっているモデル。
サクソニア 飾り気の一切ない明快かつ純粋な時計

ブランド一覧


コンテンツ